律盟の概要


about

北京律盟知的財産権代理有限責任会社(以下、「律盟」という)は、2003年10月に成立され、中華人民共和国の国家知的財産局に設立を許可された渉外特許代理機構でありながら、国家工商行政管理総局に許可登録された商標代理機構です。律盟の創立主旨は、大中華経済圏の形成と発展に応じて、知的財産権分野に関し、クライアントに全面的かつ迅速、高品質なサービスを提供することです。

十数年にわたる成長、発展を経て、今、律盟は特許代理人、商標代理人、特許技術者、商標法務アシスタントを90名以上擁しており、特許代理、特許紛争処理、商標代理、商標紛争の処理、著作権の登録と紛争処理、ドメイン名の登録と紛争処理、知的財産権の管理、知的財産権の関連許可等の業務に精通しています。特許の技術分野は、機械、工業設計、電子通信、コンピュータ、集積回路、光電、自動化制御、材料工学、宇宙航行学、船舶工学、機械製造、化学、バイオ技術及び製薬等多岐にわたってカバーしています。

同じサービス理念及び大中華領域の経済発展に対する予見に基づき、律盟は、台湾で歴史・規模ともに最大手の理律法律事務所、及び上海律同衡弁護士事務所と密接なアライアンス関係を構築し、三社は、リソースを共有し、協力し合うことで、大中華領域において、多国籍企業及び他のクライアントに対し、特許出願、商標出願、知的財産権の管理と保護、知的財産権の行使(権利保護、権利侵害の中止、権利許可等を含む)、及び他の知的財産分野における法律又は専門コンサルティングサービスを提供しています。